脳を理解するための基礎知識
HOME > 注目の成分アラキドン酸、サプリについての研究報告 >

脳の構造 - 脳を理解するための基礎知識

基礎知識1 脳の構造

脳は大きく大脳・小脳・脳幹の3つの部分に分けられる。大脳はさらに終脳と間脳に、脳幹はさらに中脳・橋・延髄に分けられる。

イラスト


大脳は、運動機能や言語機能、記憶し、物事を判断し、喜怒哀楽の感情、そして思考などの高次機能を司る。大脳の一部分である間脳は、外界からの知覚刺激を大脳に伝える働きをし、自律神経の中枢でもある。次に小脳は、運動や姿勢を保ち、円滑な運動ができるように体を統合・調整する機能を持つ。脳幹は、生命を保つために必要な不随意反射機構(呼吸・血圧など)の維持をしている。
これら脳組織から頭部の器官である顔面、舌、咽頭などには、脳神経と呼ばれる神経線維が伸びており、直接的に各器官とつながっている。脳神経は、これら各器官の知覚や運動を司っている。
また脳には、脳は髄膜と呼ばれる3層である、軟膜、クモ膜、硬膜に覆われている。軟膜は脳の実質に密着。クモ膜は少し離れている。軟膜との間には、クモ膜下腔という空間があり、脳脊髄液で満たされている。硬膜は大脳鎌・小脳テントなどの突出と、硬膜静脈洞を作る部分のほかは頭蓋の内面に密着して内張りとなっている。硬膜とクモ膜はほぼ密着している。